びわ湖の西、高島地域で織られる高島綿織物。江戸時代から続く伝統産業ですが、比良山系からそそぐきれいな水と びわ湖の湿潤な気候があって発展してきました。 高島綿織物といえば、「綿クレープ」が有名です。クレープとは、ヨコ糸に強い撚りをかけた糸を使用し、表面に独特 なシボを出した織物です。 「1/6fabric」では、高島市内の工場で綿クレープの製織を行っています。 綿クレープは吸放湿性に優れ、さらっとした感触が特徴です。ぜひ一度手に取って触れてください。
fab01
機織りの準備作業です。1本ずつ糸を通します
fab01
織りあげているときはシボがわかりません
fab05
主に使用されているエアージェット織機です
fab03
織上がった生地を検反し、汚れがないかをチェックします
fab04
出荷前の生地です。この後に染色などの工程へと送られます